口を開けても目立たない 矯正治療

歯並びがデコボコしていると・・・

歯並びが悪いと、見た目が悪いだけでなく、様々なデメリットがあります。たとえば、掃除がしにくいことで歯周病・虫歯リスクが高くなることや、歯磨きが行き届かないところに着色汚れが起こりやすいことが挙げられます。

歯並びを治すことで、掃除が行き届きやすくなり、口内環境の維持がしやすくなります。また、歯並びの見た目が良くなることで、コミュニケーションの面においても前向きな姿勢になれるなどのメリットがあります。

歯並びの種類

治した方が良い歯並びにはいくつか種類があります。下記のような状態が見られる場合、矯正治療を検討してみてはいかがですか?

叢生(そうせい)

歯がデコボコに生えた状態です。

上顎前突

いわゆる出っ歯の状態です。

下顎前突

いわゆる受け口の状態です。

開咬

口を閉じたときに前がかみ合わない状態です。

交叉咬合(こうさこうごう)

口を閉じたときに、前歯の中心がずれた状態です。

空隙歯列弓

いわゆるすきっ歯のじょうたいです。

過蓋咬合(かがいこうごう)

噛み合わせが深い状態です。

マウスピース矯正

透明なマウスピースを作製し、それを定期的に交換していくことで歯並びを治す矯正方法です。マウスピースを装着していても、周りから気付かれにくいため、目立たない矯正方法をご希望の方におすすめです。

ワイヤー矯正

歯にブラケットという部品を装着し、そこにワイヤーを通す矯正方法です。強力な力で歯を動かしていくため、幅広い症状に適応ができます。