歯を失ってしまったら・・・

歯を失ってしまい、そのまま放置すると・・・

1本や2本の歯を失っても他の歯で食事ができるからといって放置している方もいらっしゃいます。しかし、歯を失ったまま放置すると、両隣の歯が倒れてきたり、噛み合わせの歯が伸びてきたりし、お口の中の噛み合わせが崩れてしまう恐れがあります。一度噛み合わせが崩れてしまうと、治すには矯正治療も視野に入れた大がかりな治療が必要になります。

歯が抜けたり、抜歯をしたりしたら、なるべく早くそこの部分を補う治療を受けるようにしましょう。

選択肢

ブリッジ
比較的自然な見た目を得られますが、支えとなる両隣の歯を削る必要があります。
入れ歯
幅広い症例の方に適応が可能ですが、お口に合うようにしっかり調整をする必要があります。
インプラント
自然な見た目を得られますが、ケアを怠らないと歯周炎が発生し、脱落してしまうおそれがあります。

入れ歯について

歯を失った方が治療をする際に、第一選択となる治療方法が入れ歯です。入れ歯は失った歯を人講師によって補う方法で、顎の骨が薄い方や外科手術が受けられないような方でも適応が可能なことがほとんどです。保険適用の入れ歯から自由診療のものまでさまざまな入れ歯を取り扱っています。歯を失って入れ歯の作製を考えている方は、入れ歯のページをご覧ください。

入れ歯・義歯についてのページはこちら

インプラントについて

歯を1本、2本など少数失い、部分入れ歯では思い描いた結果が得られなかった方にはインプラントがおすすめです。インプラントは顎の骨に直接人工歯根を埋め込み、先端に人工歯を装着する治療方法です。保険適用ではないため、入れ歯やブリッジの保険診療と比べると費用が高くなりますが、見た目が自然で、噛んだ時の感触があるというメリットがあります。インプラントについての詳しいご説明はこちらです。

インプラントについてのページはこちら