根本からしっかり治す 虫歯治療

虫歯を放っておくと・・・

虫歯は虫歯菌が糖を代謝する際に出す酸によって、歯が溶かされた状態です。歯は酸によって溶かされると、歯のミネラルが溶け出す脱灰を起こします。しかし、これに対して唾液やフッ素が歯にとどまることで溶け出したミネラルを修復する再石灰化という作用があります。糖分を採っても、唾液などがお口を満たす時間をつくることで虫歯にならない、あるいは虫歯の進行を抑えるということができるのです。

むし歯の進行について

CO

エナメル質の表面が一時的に溶けている状態(脱灰)です。

C1

虫歯により、エナメル質が脱灰を起こしていて、水などがしみる状態です。白い樹脂などで治療をします。

C2

脱灰が象牙質まで進行した状態です。樹脂や詰め物で治療をします。

C3

虫歯が進行し、歯の神経にまで達した状態です。歯の神経を除去し、かぶせ物などで治療を行います。

C4

虫歯が進行し、歯の上部が溶かされて亡くなってしまった状態です。抜歯をするか、土台を作ってかぶせ物をします。